津山中央病院

>
看護部
>
5階西病棟

5階西病棟     外科 泌尿器科(49床)

 当病棟は急性期から終末期の患者さんが入院されています。1泊2日の検査入院から周手術期、化学療法・放射線療法・緩和ケアと治療は多岐にわたっています。その中でも検査・手術においては、クリティカルパスの活用で統一した治療・看護ができ在院日数の短縮につながっています。また退院後の生活が安心して送ることができるよう退院指導にも力を入れています。MSWと連携をはかり患者家族が満足できる退院支援を行っています。
 年間を通して、手術件数も多く、病床稼働率が高い病棟ですが、多職種と連携をはかり、常に笑顔で温かい思いやりのある看護が提供できるようスタッフ一丸となって頑張っています。
 私達は患者、家族の笑顔が大好きです。 その笑顔に支えられ日々看護しています。少しでも患者さんが笑顔になれるように、快適な入院生活が過ごせますように努めてまいります。

 

病棟の基本方針

1.十分な説明とチーム医療により、患者さまの入院・治療・検査・手術に対する不安を軽減します。
2.周手術期において、順調な回復過程をたどるよう、適切な診療、看護を提供します。
3.手術後の身体の変容に対し、患者さまの正しい認識、受容を促し、社会への適応ができるよう援助します。

 

部署目標

1. 患者の個別性を考慮した看護を提供する

2. 患者指導の充実をはかる

3. リスクマネジメントに務める

4. 働きやすい職場環境作りに務める

 

看護部門