津山中央病院

>
看護部
>
N1病棟

N1病棟   呼吸器内科 耳鼻科 皮膚科 歯科 皮膚科(43床)

 呼吸器内科では、肺がん、慢性呼吸器疾患、肺炎、喘息等治療期から終末期までの患者さんを対象としています。

化学療法 副作用の評価 呼吸器機能評価等を行っています。病気や治療でしんどい時やつらい時にこそ患者に寄り添い、患者さんにとって最善となるケアが提供できるよう心がけています。
 耳鼻科では2016年から入院患者さんの受け入れを再開しました。手術を受ける患者さんや顔面神経麻痺、そして陽子線治療を受ける患者さんが入院されます。陽子線治療では有害事象が出現し、対応に苦慮することもあります。しかし病棟スタッフ皆で勉強し、他部署と連携を取りながら苦痛を最小限度にし、治療が完遂できるよう支援しています。
 歯科では手術をうける患者さんが主です。初めて手術を受ける方もおられ、不安な気持ちを受け止めながら、手術後の疼痛緩和や全身状態の観察に努めています。
 皮膚科では蜂窩織炎や類天疱瘡の患者さんが多いです。毎日入浴介助をしてできるだけ皮膚を清潔に保ち、早期に回復するためにスキンケアを行っています。

 N1病棟のスローガンは「場を清め」「時を守り」「礼を尽くす」です。患者さんや家族の立場になって考え、皆で協力しあい、個としても、チームとしても、病棟としても成長できるように頑張っています。

 

病棟の基本方針

1.十分な説明とチ-ム医療により、患者の入院・治療・手術に対する不安を軽減します。
2.他職種と連携して呼吸器疾患患者の治療・指導・ケアの充実に努めます。

 

部署目標

1.清潔ケアに対する意識・アセスメント力を向上させ患者の清潔を保つ

2.業務改善により口腔ケアを確実に行い、口腔清潔を保つ

3.日々のカンファレンスが月8件以上でき、情報共有・問題解決につなげる事ができる

4.がん薬物療法の毒性について知識を深め、曝露対策及び破棄方法が順守できる。

5.認知症患者への対応力を向上する。

6.適切なポジショニングを行い、新規発生を年間3件以内にする。

7.個人のスキルアップを図る 新人教育の充実。

 

看護部