津山中央病院

>
>
看護部

看護部

新着情報
2018/01/23 看護部ニュースレターを更新しました。

  看護師の仕事

看護部長挨拶  

岡山県北の医療を守る ー それが私たちの誇り!
当院は岡山県北部に位置する、一般病棟と救命救急センターを有している500床規模の病院です。
 設立以来60年、地域に密着した病院として、患者さんのニーズに対応できる高度かつ先進的な医療サービスを提供する病院を目指しています。法人の理念「私たち津山慈風会は、地域の皆さんに優しく寄り添います」に沿って、私たち看護部は優しさと思いやりをもち、すべての人に信頼され、患者さんの気持ちに寄り添う看護を大切にしています。
県北で最後の砦と認識しており、この地域の方々の医療は当院で担うという信念のもと、常に患者さんを中心に考えて看護を実践し、職員が働き続けられる職場環境を構築するために働き方改革に全職員で取り組んでいます。
また、多職種の協力のもと、他施設合同の新人看護職員研修を実施するなど新人教育にも力を入れています。キャリアアップを目指す人にはバックアップ体制も充実しており、現在8分野11名の認定看護師、1分野1名の専門看護師が活躍しています。
 関連施設として、がん陽子線治療センター、慢性期医療を担う津山中央記念病院、在宅医療を担う訪問看護ステーション、老人介護施設、看護学校を有しており、様々な選択肢の中で自分の目指す看護が追求できるところも魅力のひとつです。
私たちと一緒に県北の医療を担っていきましょう。
 
看護部長 西川 秀香

 

看護部ニュースレター 

看護部の最新情報やできごとなどをお伝えしています。(クリックするとPDFが開きます)

 

津山慈風会大忘年会
中堅看護師のための施設間研修を受けて
入職4年目海外研修旅行 など

 

 

 

 

 

 看護部各部署の紹介