津山中央病院

>
>
看護部

看護部

新着情報
2017/08/16 看護部ニュースレターを更新しました。

  看護師の仕事

  

看護部長挨拶

   当院は、岡山県北部に位置する小京都と呼ばれる津山市にあり、県北部で唯一の救命救急センターやNICUを含む11の病棟と外来部門からなり、7:1入院基本料を取得しております。その中で看護部門は約470人の看護職員(保健師・助産師・看護師・准看護師)が勤務しており、病院内でもっとも人数の多い職種でもあり、患者様に最も近い立場にある医療者としての責任を感じております。


岡山県北部の基幹病院として患者様のご期待に応えられるような看護サービスを提供できるよう、当院看護部では一人一人の適性と可能性を引き出せる人材育成に力を入れ、看護の質の向上を目指しております。


現在、当院では皮膚・排泄ケア認定看護師2名と救急看護認定看護師1名、感染管理認定看護師1名、がん化学療法看護認定看護師2名、緩和ケア認定看護師2名、糖尿病看護認定看護師1名、計9名の認定看護師が活躍しております。その他にも複数のNST専門療法士、糖尿病療養指導士、呼吸療法士をはじめとして自分の得意分野、興味を持つ分野に挑戦を続ける看護師がいます。外来部門では生活習慣病指導、ストーマ外来、母乳外来、在宅介護など様々な問題を抱える患者さんに各領域で専門的な看護サービスを提供しております。また、多職種の連携による褥創回診,NST回診、ICTラウンド、RSTラウンド、認知症ラウンドなども実施しています。


当院には救命救急センターをはじめとする急性期医療だけでなく、亜急性期、結核病棟もあり、そのほか病院と同じ設置主体の持つ施設に一般病棟と療養型病棟を持つ津山中央記念病院、訪問看護ステーション、看護学校などもありさまざまな選択肢があります。「人が好き、看護が好き、自然が好き、そしていろんな可能性にチャレンジしてみたい」そんなあなたを私たちは待っています。これからエキスパートを目指したい!そんなあなたをサポートする体制もあります。すでにエキスパートナースであり、活躍の場を探している方も大歓迎です。 どうぞ宜しくお願いいたします。

 

看護理念

1.生命の尊厳と人間性を尊重した看護を行います。

2.患者、家族の視点に立った全人的看護を目指します。

3.時代のニ-ズ・最先端医療に対応した看護の提供に努めます。

 

看護目標
1.患者の満足と看護師の満足の追求
 
2.看護の質向上と業務の効率化を図る
 
3.人材育成
 
4.病院経営に参画する 

 

看護部ニュースレター 

看護部の最新情報やできごとなどをお伝えしています。(クリックするとPDFが開きます)

 

認定看護管理者、認知症看護認定看護師 合格!
フットケア外来はじめました
JMIP認証 など

 

 

 

 

 

 看護部各部署の紹介