津山中央病院

>
診療科
>
リハビリテーション科

リハビリテーション科

リハビリテーション科について

 リハビリテーション科はリハビリテーションセンターの医師部門です。
 対象患者さんのリハビリテーションが、最適効率で最大効果を得られるように日々努力しております。


 科を構成するメンバーは疾患別リハビリの該当科の部長クラスです。同時にリハビリ運営委員会を形成するメンバーでもあります。
 

当診療科の役割

 我々の主たる役割は、理学・作業・言語療法士たちリハビリスタッフが行う疾患別リハビリテーションの指標を示し相談・援助を行い、彼らを積極的にサポートすることです。

 リハビリの中で医師が必要となる作業や計画書を効率的にこなし、リハビリスタッフの要望を汲み上げ、全体の負担を軽減する方向に向かって歩めれば良いと考えています。

 

主な治療対象

   クリックすると詳細が開きます

  • 手外科
    末梢神経損傷、手の外傷、手の先天性異常、肘関節障害など
    当院は手の外科専門医を有する手の外科認定研修施設に認定されています。
     
外来についての注意点
  • 専門外来は基本として専門分野担当医師の一般外来でおこなっています。

     
 医師紹介

 

 
医師名 多胡 典郞
職位 部長
リハビリセンター長
専門 関節外科(主に膝・肩関節)
専門医 日本整形外科学会専門医

 

 
医師名 福田 祥二
職位

部長

リハビリ副センター長

専門 手・肘の外科
上肢の外傷
リウマチ上肢の外科
専門医

日本整形外科学会専門医
日本リウマチ学会専門医
日本手外科学会専門医
がんのリハビリテーション研修 修了

 

   外来診療担当医のご案内

リハビリテーション部