津山中央病院

>
診療科
>
皮膚科

皮膚科

方針

 ヒトの体全体を覆っている皮膚は、面積では畳約1帖(1.6m2)分、重量は体重の約16%を占める人体で最大の臓器です。
爪、毛、粘膜の疾患も皮膚科で対応している分野です。疾患は感染症、皮膚炎、腫瘍、先天性異常、自己免疫性疾患など多岐に渡り、老若男女問わず様々な症状を起こします。
 内臓疾患などに伴って皮膚症状を起こすこともあります。そのような場合には、皮膚科が窓口となり、必要な専門科に相談・ご紹介させて頂きます。皮膚、爪などに異常がありましたら、皮膚科にまずご相談下さい。他院治療中の患者様の当院へのセカンドオピニオンはもちろん承っておりますし、また当院での治療中の患者様の他院へのセカンドオピニオン希望もご遠慮なくお申し付け下さい。
 

診療内容

 疾患・状態に応じて外来及び入院治療をおこなっています。良性・悪性皮膚腫瘍に対する手術も日帰り手術・入院手術で対応しております。レーザー治療(母斑などの保険診療、しみなどに対する自由診療)については、当院では行うことが出来ませんが、診断及び必要に応じて他院へのご紹介を行なっております。また乾癬に対する生物学的製剤についても、ご相談・治療を行なっております。

 

主な治療対象
  • アトピー性皮膚炎、接触皮膚炎その他の湿疹皮膚炎
  • 乾癬
  • じんま疹
  • 薬物アレルギー
  • 細菌感染症(おでき、とびひ、その他皮膚の化膿性疾患)
  • ウイルス感染症(いぼ、ヘルペス、水ぼうそうその他)
  • 真菌感染症(水虫、タムシその他)など
  • 皮膚腫瘍(しみ、ほくろ、いぼ、しこりなど。良性のものからほくろのがんなど悪性のものまで様々あり、適切な診断、治療が必要です。)
  • その他(遺伝性皮膚疾患、膠原病、水疱症、白斑、脱毛症など)
外来についての特記事項
  • なるべく待ち時間を少なくするように努力をしておりますが、当科は予約診療を基本としているため、予約がない初診・再診患者様の待ち時間が大変長くなる傾向があります。皮膚科は外来での手当(ガーゼ交換や簡便な処置・検査など)が多いため、個々の患者様によって診療にかかる時間が大きく異なり、診察時間がいつ頃になるか正確にお伝えすることが難しいこともご理解頂けると助かります。
     
  • 初診患者さんでもかかりつけの他科の先生や近医皮膚科の先生からの当院地域連携室を通してのご紹介を頂ければ、ご予約をお取りすることが出来ますので、可能であれば先生方に依頼して頂けると助かります。
     
  • 申し訳ありませんが現時点では原則として、患者さんご自身からの電話での新規予約はお受けしておりませんので、ご了承下さい。(※予約変更は可能です。)
 医師紹介

 

 
医師名 宮本 亨
役職 津山中央クリニック院長 
専門領域 皮膚感染症
皮膚悪性腫瘍
真菌感染症(湿疹皮膚炎群、蕁麻疹、白癬症など)
専門医
指導医
日本皮膚科学会認定専門医

 

 
医師名 梅村 啓史
役職 医長
専門領域 遺伝性皮膚疾患
専門医
指導医

日本皮膚科学会専門医

日本臨床検査医学会専門医

日本人類遺伝学会・遺伝カウンセリング学会認定臨床遺伝専門医

 

 

外来診療担当医のご案内