津山中央病院

>
>
栄養管理部

栄養管理部

 

 

 

 

 栄養管理部の紹介

 栄養管理部では「安全・確実な臨床栄養管理」をビジョンとし、食べる人の立場に立って心と体においしい食事をモットーに、8名の管理栄養士と事務担当スタッフ1名が業務を行っております。

 

 私たちは患者さまの栄養改善を図ることを目的に、個々の患者さまの状態(病態・病状・摂取能力)に合わせた食事を提供しております。毎食提供する食事は400食近くになりますが、個々の患者さまの多様なニーズに応えられるよう細やかな対応を行うと共に、行事食や選択メニュー等を取り入れ、患者さまの満足度向上に努めています。また、委託先の小野マルタマフーズ(株)と協力し、衛生的に安全な食事を提供することで治療効果をあげるよう、フードサービスの充実を図っています。

 

 さらに、管理栄養士を病棟担当制とし、入院中のお食事に関するご相談をお聞きするなど、患者さまのQOL向上や食生活の改善につながるような栄養相談を心がけています。

 今後も、栄養管理を行う上で最も大切な「心と体においしい食事の提供」に努めてまいります。

 

 

 

 栄養相談のご案内

 

 入院・外来患者さまを対象に、ご家庭での食生活の改善に向けてのサポートをしています。

 希望される方は主治医にご相談ください。

 

 

 

   

 

集団栄養指導のご案内
糖尿病教室

(毎週月曜日)

 

 
らんちリハ教室

(毎週金曜日)

 

   

 

 

 

 

 患者食のご案内

 

行事食
 
 
選択メニュー
 
さくら食・アラカルト食

 

                             
ハーフ食
 
お産食・お祝い膳
       

 

                             
ワーキンググループ活動
 
食事アンケート
       

 

 

 

 チーム医療の一員として

 適切な栄養管理は合併症や感染症、褥瘡の予防に欠かせません。栄養管理部は栄養サポートチーム(NST)の事務局となり、医師、看護師、薬剤師、臨床検査技師、作業療法士など多職種と協働し、栄養管理を行っています。

 また、褥瘡委員会にも所属し、褥瘡予防および治療のための栄養管理にも携わっています。

 さらに、糖尿病チーム、心臓リハビリテーションチームとして、糖尿病教室・らんちリハ教室で食生活の改善をサポートしています。

 

 

 

 

 非常用備蓄食品について

 

 

 非常時の備えとして、備蓄倉庫などに缶入りソフトパン、缶入りスープ、アルファ化米、災害備蓄用保存水、濃厚流動食など690人3日分の食品を備蓄しています。