津山中央病院

>
>
輸血拒否に関する当院の方針

輸血拒否に関する当院の方針

 

・当院は、患者さんの救命を最優先と考えておりますが、宗教上等の理由で輸血を拒否することは信教の自由に基づく権利であることを理解し尊重いたします。

・当院では、「いかなる場合でも輸血を行わない」という患者さんのご意思に沿う事が困難であると医師が判断したときには、治療方針の変更または転院をおすすめいたします。

・当院では、輸血可否のご意思を患者さんご本人から確認できない状況で、輸血以外に救命手段がないと医師が判断したときには、輸血を行います。