津山中央病院

>
整形外科
>
脊椎外科

脊椎外科とは

 脊柱(背骨)は体の軸をなし、体を支え、その運動を行い、また、脊髄神経を保護する役割を司ります。それが、加齢や外傷により傷害されると、疼痛や麻痺を生じてしまいます。手足の痛みや痺れ、運動障害などが背骨から生じている可能性があります。当院ではMRIやCTなどを駆使し病態を正確に把握し適切な治療を行うことを心がけております。それらの症状の原因が背骨にある場合、手術により改善を目指すのが脊椎外科です。支持性の再建や神経の除圧を行います。具体的には、背骨の一部を切除してその中にある神経の圧迫を解除したり、背骨をスクリューなどで補強したりします。内視鏡視下で行うヘルニア摘出術から多椎間固定術まで、小さい創の手術から大きな手術まで幅広く行っております。