津山中央病院

>
診療科
>
産婦人科

産婦人科

方針

 県北唯一の地域周産期母子医療センターとして、NICU(新生児集中治療室)機能を有しており、津山市と周辺の産婦人科施設よりのハイリスク妊婦および母体搬送を受け入れております。すべての母体搬送を受け入れることを目標としております。小児外科以外は、必要とする担当部所が協力して全力で救命に当たります。分娩に関しては、なるべく「自然なお産」を心がけておりますが、過期妊娠・前期破水・微弱陣痛などは、人工的に陣痛誘発あるいは陣痛強化を行う場合もあります。骨盤位の場合も希望の方は経腟分娩を試みることも可能です。特別厳重な管理を必要とする分娩の際には、ダブルセットアップ(いつでも帝王切開が出来る体制)のもとに分娩管理しており、産科医師・小児科医師・助産師・手術室スタッフが待機しております。
 婦人科においては良性腫瘍(子宮筋腫や卵巣嚢腫など)、悪性腫瘍(子宮癌や卵巣癌など)の治療を行い、低侵襲手術(腹腔鏡手術・子宮鏡手術・腟式手術)も積極的に行っています。緊急腹腔鏡手術は、年間を当して24時間対応しております。また悪性腫瘍で化学療法が必要な場合には、化学療法センターで抗癌剤投与が行われます。悪性腫瘍に関しては原則、御本人にすべて告知し、治療への意欲を引き出し、あるいは緩和医療にも力を入れております。

 

診療内容

 子宮がん、卵巣がんなど各種の婦人科悪性腫瘍に対して、手術療法、放射線療法(外照射のみ)、化学療法などを総合した集学的治療を行っています。また子宮筋腫、子宮内膜症、卵巣嚢腫などの婦人科良性腫瘍や、尿漏れ、頻尿などの排尿症状、骨盤臓器脱出などに対する薬物療法や開腹・膣式手術、子宮内膜症や月経過多に伴う月経困難症の薬物治療、手術療法を行っています。また周産期分野では正常妊婦だけでなく各種ハイリスク妊娠の妊娠・分娩管理を行っています。

 

主な治療対象
産科

 岡山県北部で唯一の地域周産期母子医療センターで、切迫流早産や双胎妊娠(双子)の管理や妊娠高血圧症候群や妊娠糖尿病などハイリスク妊娠の取り扱い、また何らかの基礎疾患がある妊婦の妊娠・分娩管理を行っています。もちろんリスクがない妊婦の健診や分娩管理も行っています。妊娠・出産は最後まで何が起こるかわからないため、いかなる状況にも対応できるように産婦人科医師や産科スタッフ、NICUを含めたチーム一丸となって対応させていただきます。
 当院では、母体の生命を脅かす合併症妊娠以外の適応では人工妊娠中絶手術は行っていません。
 

婦人科

 子宮筋腫や卵巣嚢腫など良性疾患の定期的検査や手術を含めた治療を行っています。傷を小さくして患者様に術後の痛みや社会復帰を早めるために、適応があれば腹腔鏡手術(内視鏡を用いた手術のこと)を積極的に行っています。また月経困難症を伴った子宮内膜症や更年期障害に対しホルモン治療も行っています。
 また当地域の高齢化により老年医療に関しても積極的に行っていて、子宮脱や子宮留膿腫の治療も行っています。
 

不妊・内分泌

 一般的な不妊・内分泌検査や治療は行っていますが、人工授精や体外受精-胚移植など高度な不妊治療は当院では行っていません。ご希望があれば実績のある不妊・内分泌の専門医院や病院へ紹介させていただいています。

 

外来についての特記事項
初診の方

 基本的に再診予約が優先で新患の方は紹介状がなければ予約が出来ません。当日受付の方は、お待たせする事がありますのでご了承ください。 当日受付で待ち時間が長い場合、後日の診察予約をしてお帰りいただくこともできます。診察は基本的には平日の午前中です。 ただし平日の午後と土曜日は予約のみです。また里帰り分娩希望の方で、合併症なく経過順調な方は妊娠34週の妊婦健診に間に合うように紹介状を持参して受診して下さい。当院は、常勤の女性医師がいるためご希望があれば申し出てください。

 

再来の方

 基本的に予約優先制で、再診の方と紹介医が病診連携を通じて予約可能です。急患の方の対応や緊急手術で予約時間より遅れる可能性があるときは出来るだけ早めにお知らせします。次回の受診日が未定の場合や,すぐに決められない場合は,電話による予約が可能です.産婦人科外来受付でご相談ください。
 6ヶ月以上空いた受診の場合,診療内容によっては初診として扱う場合がございます。また学会出張などで担当医が一時的に変わる可能性があることはご了承ください。

 

専門外来
  • ハイリスク妊娠
    岡山県北部で唯一の地域周産期母子医療センターです。小児科の協力もあってNICU(新生児集中治療室)を完備していて、多数のハイリスク妊娠を取り扱っています。また救命救急センターや麻酔科医の協力もあり緊急性の高い疾患の管理も行っていて、近隣の産婦人科医院・病院から紹介を常時お受けさせていただいています。
     
  • 悪性腫瘍
    当院の検診や人間ドッグで診断された方や近隣の産婦人科医院・病院で診断された方に対して、がんの専門的な検査を行っています。また、診断後には手術・放射線療法・化学療法など積極的な治療から緩和医療まで行っています。さらに専門性が高い検査や治療が必要な場合は、岡山大学病院など高次病院と密に連携して患者様をご相談・ご紹介させていただいています。近年増加傾向にある子宮体がんや卵巣がんに関しても、当院では子宮頚がん検診にあわせて超音波を用いた検査を全ての患者様に対して行っています。
     
  • セカンドオピニオン外来
    セカンドオピニオンとは,担当医以外の専門医の意見を聞き、自分に適した検査や治療をご自身で選択するための判断材料を提供するシステムです。当科の専門領域の医師が対応いたします。その際には、原則、現在かかっている先生からの紹介状などが必要となりますので、あらかじめご了承ください。
  • 母乳外来(毎週木曜日 14:00~16:00)
    妊娠中から卒乳まで安心して母乳での育児を行っていただくための外来です。
    妊娠中からの乳房の準備・手当、産後から卒乳までのトラブル・母乳育児相談・乳房マッサージ(別料金)経験豊富な助産師が指導しますのでお気軽にご相談下さい。
    母乳トラブル(30分以内1,000円、1時間以内2,000円)

    ※必要時には医師(産科・小児科)の診察、及び薬剤師・栄養師のアドバイスも受けられます。
    来院の際はタオル2枚ご用意下さい。予約は3階東病棟にてお取り下さい。
    (電話での予約受付:3階東病棟までご連絡下さい)

    ※原則当院で出産された方に限りますが、他院で出産された方でも緊急の場合は適宜相談をさせていただきます。
     
  • 両親学級
    第1水曜日の午後に前期の両親学級を、第1、第3土曜日の午前に後期の両親学級を行っています。助産師主導で医師、薬剤師、管理栄養士を含め妊娠・出産の準備や知識の向上を両親ともにしっかりと理解していただくために行っています。両親学級は、当院でかかりつけの妊婦の方が対象です。

     

 

 

 

 

 医師紹介

 

 
医師名 河原 義文
役職 副院長
専門領域 子宮頚癌
子宮体癌
卵巣癌等悪性腫瘍
良性腫瘍等婦人科一般
内視鏡手術
(腹腔鏡手術、子宮鏡手術)
産科一般およびハイリスク妊娠管理
専門医
指導医

日本産科婦人科学会専門医、指導医
日本産科婦人科学会卒後研修施設指導医
母体保護法指定医
日本周産期・新生児医学会専門医制度暫定指導医、新生児蘇生法専門コースインストラクター
医療安全管理者

 

 
医師名 佐藤 麻友子
役職 医長
専門領域 産婦人科一般
専門医
指導医
日本産科婦人科学会専門医

 

 
医師名 岡 真由子
役職 主任
専門領域 産婦人科一般
専門医 日本産婦人科学会専門医

 

 
医師名 杉井 裕和
役職  医員
専門領域 産婦人科一般

 

 

 

 

外来診療担当医のご案内