津山中央病院

>
>
病院理念

病院理念

理念

私たち津山慈風会は、地域の皆さんにやさしく寄り添います

 

 

 

職員行動規範

私たちは、患者の満足、地域の満足、職員の満足を追求します

1.患者満足 患者の人権を尊重し、医療の質を高め納得と同意に基づく医療を提供します
2.地域満足 地域医療支援病院として、密な連携を図り、地域医療に貢献します
3.職員満足 高い志を持って医療現場に臨み、日々業務を見直し、
リスク管理のできる医療のプロとして研鑽とチャレンジを惜しみません

 

 基本方針
  • お断りしない救急診療に努める
  • 最先端の医療を提供する
  • 地域医療機関との連携を強化する
  • 地域に貢献する活動を推進する
  • 教育、人材育成に傾注する
  • 健全な経営に努める

 

看護理念
  1. 生命の尊厳と人間性を尊重した看護を行います。
  2. 患者・家族の視点に立った全人的看護を目指します。
  3. 時代のニーズ・最先端医療に対応した看護の提供に努めます。

 

看護目標

時代のニーズ・最先端医療に対応した看護の提供に努めます

  1. 生命の尊厳と患者の人権を尊重し、患者の個別性に応じた看護の提供
  2. 医療安全の強化(感染対策を含む)
  3. 人材定着のための働きやすい職場環境の整備と業務の効率化
  4. 患者中心の医療が有機的に行われるためのチーム医療の推進
  5. 看護師の安定的確保への取組みと優れた専門職業人の育成
  6. 経営的な視点での自部署管理
     
患者さんの権利と責任・個人情報とプライバシーの保護

患者さんの権利

  1. 人格を尊重した良質で最適な医療・看護を継続して受ける権利
  2. 担当医師から診断、治療、予後について納得できるまで十分な説明を受ける権利
  3. 担当医師から治療に入る前に、治療方針等について十分理解したうえで同意、或いは選択するのに必要な情報を得る権利
  4. 必要な情報を得た上で、治療方針を自ら決める権利
  5. 治療に関するすべてのコミュニケーション、記録等の個人情報およびプライバシー情報が極秘扱いされる権利
  6. 医療費の請求内容を確認したり、内容についての説明を受ける権利
  7. セカンドオピニオンが保障される権利
  8. 定められた手順に従って、自己の診療記録の開示を受ける権利

患者さんの責任

  1. 昔かかった病気、入院や内服薬を含めて自身の健康状態について情報を提供する責任
  2. 治療を継続して受けることが出来ないと考えた時には担当医に告げる責任
  3. 保険に関する情報を提供する責任
  4. 医療費を速やかに支払う責任
  5. 病院が決めた規則・ルールを守る義務