津山中央病院

>
>
日本医療機能評価機構認定施設

日本医療機能評価機構認定施設

 

 

 当院は、公益財団法人日本医療機能評価機構が定める認定基準を達成している事が認められ、2013年1月18日付けで、3回目の病院機能評価認定病院の認定証を受領致しました。

 

 

日本医療機能評価機構とは

 日本医療機能評価機構は、国民の医療に対する信頼を揺るぎないものとし、その質の一層の向上を図るために、病院を始めとする医療機関の機能を学術的観点から中立的な立場で評価し、その結果明らかとなった問題点の改善を支援する第三者機関として設立されました。

 

病院機能評価とは

 病院機能評価とは、第三者機関(公益財団法人日本医療機能評価機構)より認定されるもので、審査を受け、病院の機能、安全管理体制、療養環境などが一定の水準に達していると評価された証です。
有効期間は5年間となっているため、認定を継続させるためには、5年おきに審査を受けることが必要となり、おのずと質を維持・向上させることが求められます。

 

 当院の機能に対しての評価結果が、公益財団法人「日本医療機能評価機構」の病院機能評価結果の情報提供ページに公表されています。下記のホームページよりご覧ください。

 

 当院の評価結果はこちら