津山中央病院

>
リハビリテーション
>
言語聴覚療法

言語聴覚療法(speech and language therapy:ST

 

言語機能や話しことばに障害のある方について、機能の獲得や改善、能力の回復・拡大を図るため、検査、訓練、指導、援助を行います。失語症や高次脳機能障害、言語発達障害、構音障害など、小児から成人まで幅広く対象としています。
 
集中して訓練・検査を行うことができるよう、言語療法室は個室になっています。訓練教材や検査用具を揃えており、それぞれの患者さんの症状に合わせた検査・訓練を行っています。
             
言語機能・高次脳機能の評価によく使用する検査には、次のようなものがあります。
 
 ベントン視覚記銘検査
 三宅式記銘力検査
 遂行機能障害症候群の行動評価(BADS)
 標準高次視知覚検査
 コース立方体組み合わせテスト
 COGNISTAT
 WAIS−Ⅲ成人式知能検査
 WISC-Ⅲ、WISC-Ⅳ
 ITPA言語学習能力診断検査
 標準失語症検査

 標準失語症検査補助テスト

  

 

リハビリテーションのページへ 理学療法のページヘ 作業療法のページヘ