津山中央病院

>
リハビリテーション
>
理学療法

理学療法(physical therapy:PT)

運動器疾患リハビリテーション
脳血管疾患等リハビリテーション
呼吸器リハビリテーション
心臓リハビリテーション

         

      <理学療法室>                 <物療室>

心リハ室風景

<心リハ室>

 

運動器疾患リハビリテーション
対象疾患:交通事故・転倒転落等による外傷後、股関節や膝関節の人工関節置換術後、脊椎疾患術後、腱板断裂術後、脊髄損傷、切断等
治療方針:術前より主治医の指示の下、周術期の合併症を防ぐための運動指導や術前の状態を把握するための評価を行います。術後の理学療法については、術翌日~2日目より開始し、病棟看護師と連携しながら座位、車椅子への移乗を進め早期離床を図ります。基本的動作訓練、各種歩行補助具を用いての歩行訓練、階段昇降や屋外歩行等の応用歩行訓練等を実施し、実際に浴槽を用いての入浴動作や和室を使用した床上動作訓練等、日常生活動作の向上を図り自宅退院あるいは近隣のリハビリテーション専門の病院への転院を支援しています。
     また、手術見学への参加や、個々で院内外への研修会・勉強会への参加を行い、専門性向上に努め、質の高い理学療法の提供を目指しています。
理学療法:
1.手術前からの理学療法実施(術前指導/評価)
2.術後の早期離床
3.関節可動域や筋力の向上、疼痛緩和
4.基本的動作能力、歩行能力の向上、日常生活動作能力の向上
 このページのトップへ
 
脳血管疾患等リハビリテーション
対象疾患:脳卒中(脳梗塞、脳出血、くも膜下出血)、頭部外傷、脳腫瘍等
治療方針:主に救命病棟、脳神経外科病棟が主ですが、心原性の脳梗塞等の場合は循環器病棟にて理学療法を開始します。早期理学療法介入により、安静臥床によって生じる肺炎などの合併症や四肢の関節拘縮の予防やポジショニング指導、早期離床、早期歩行訓練開始に努めています。また身の回りのことをする練習や日常生活で必要な作業を行う練習も行います。
疾患別リハビリテーションに伴い、脳外科医や脳外科病棟担当看護師等との勉強会の開催や院内外の研修会・勉強会への参加により個々の専門性向上を図り、質の高い理学療法の提供を目指しています。現在は、病棟主体での理学療法や午前・午後での対応等を実施しており、病棟看護師との関わりを深めチームアプローチの確立にも努めています。
脳卒中の患者さんについては、当院での急性期の治療が終わった段階で、回復期に充実したリハビリテーションを行えるように、脳卒中地域連携クリティカルパスに沿って、地域連携室と協力してリハビリテーション専門の病院への転院を支援しています。
  1. 合併症予防(排痰の促進、深部静脈血栓症発症の予防、拘縮の予防)
  2. 離床(寝返り、起き上がり、端座位保持、立ち上がり、立位保持、車いす移乗、車いす座位など)
  3. 歩行(つたい歩き、歩行器歩行、杖歩行、独歩、屋外歩行など)
  4. 日常生活動作(階段昇降、床上動作など)
  5.  このページのトップへ

     

呼吸器リハビリテーション
対象疾患:肺気腫などの慢性呼吸不全の急性増悪、肺炎、人工呼吸器管理、肺癌等に対する外科手術前後、等
治療方針:安全で的確な早期離床をモットーに、早い方ではICUから理学療法を提供しています。また、呼吸方法や呼吸困難時の対応などが自分で行えるようになることを目標に練習を行います。
治療内容:慢性呼吸不全の急性増悪や肺炎等によって息切れが強くなっている方には呼吸方法の指導や呼吸筋の筋力強化を行います。自力で痰を出すことができない方に対しては排痰介助や咳の介助を行うことで痰を排出し、呼吸が楽にできるようにします。状態が落ち着き次第できるだけ早期から座位や立位、歩行を実施し離床を図っていきます。肺癌等の外科手術前には呼吸方法や咳、運動に対する指導を行います。外科手術後にも廃用予防や肺合併症予防の為、病棟と連携して早期に離床を図っていきます。
1. ICU等急性期からの早期介入(可動域訓練、呼吸介助、排痰介助、早期離床)
2. 手術前後のリハビリテーション実施(呼吸法指導、排痰指導、早期離床)
3. 入院前の状態に戻ることを目的とした治療の実施(運動耐容能強化)
 このページのトップへ
 
  
心臓リハビリテーション
心臓リハビリテーションは、あまり聞き馴染みのない言葉かもしれません。
以前は、心臓の病気は《安静第一》とされていた時代もありましたが、医療の進歩・時代の流れとともに変化し、現在では心臓リハビリテーションの有用性が重要視されています。
心臓リハビリテーションとはどういったものか、簡単に説明をします。
 
心臓リハビリテーションの定義
心臓リハビリテーションとは、心血管疾患患者の身体的・心理的・社会的・職業的状態を改善し、基礎にある動脈硬化や心不全の病態の進行を抑制あるいは軽減し、再発・再入院・死亡を減少させ、快適で活動的な生活を実現することをめざして、個々の患者の「医学的評価・運動処方に基づく運動療法・冠危険因子是正・患者教育およびカウンセリング・最適薬物治療」を多職種チームが協調して実践する長期にわたる多面的・包括的プログラムをさします。
-日本心臓リハビリテーション学会 ステートメントより-
 
心臓リハビリテーションの目的は、単に自宅退院、日常生活活動の自立や復職だけではなく、再発防止や生命予後の延長、QOL向上までも目指すものです。
当院は県北部唯一の心臓リハビリテーション施設です。当院では医師、看護師、理学療法士、薬剤師、管理栄養士、医療ソーシャルワーカー、臨床心理士など多職種が患者様に関わりをもち、定期的なカンファレンスを行いながら、情報交換と意志統一を図っています。入院中には様々な指導や教育を行い、退院した後の具体的な方法や病気の再発を予防するための知識を身につけて頂けるようにしています。
心大血管疾患は、高血圧、糖尿病、高脂血症、肥満、喫煙などの冠危険因子があることにより発症しやすいといわれており、心臓リハビリテーションはこれらの危険因子を是正し、二次予防の効果があります。
心臓リハビリテーションの1つに運動療法があり、さまざまな効果があることが証明されています。当院では虚血性心疾患(心筋梗塞、狭心症)、心不全および心臓血管外科手術後、閉塞性動脈硬化症の方などを対象とし、早期離床・早期回復・早期社会復帰を目標にあげ急性期から運動療法を開始しています。状態にあわせ離床を図るとともに、歩行や自転車エルゴメーターを中心とする有酸素運動なども行い、退院後の生活をなるべく不安がなく行えるように進めていきます。
心臓リハビリテーションは一生涯にわたって行うことが望ましいとされています。当院では、退院後も外来にて引き続き運動療法を実施できる環境を整えています。継続した心臓リハビリテーションによって、冠危険因子の是正や健康促進に取り組んでいただけます。

 このページのトップへ

 

 リハビリテーションのページへ 作業療法のページヘ 言語聴覚療法のページへ